住宅ローンの借り換えメリットとデメリットについて

住宅ローンは10年固定金利など、ある程度の期間で金利を変えてくる場合が増えています。

最初から変動金利で選ぶ方も多いのですが金利が安い時にある程度の期間金利を固定させる方も多いです。

金利が固定される期間が終わった時には以前と違って借り換えを行う方が増えています。

住宅ローンの借り換えではメリットが多いのですが、デメリットもあるので注意が必要です。


借り換えのメリット

借り換えのメリットは最終的な支払額が少なくてすむということがあります。

住宅ローンの金利が安い時に固定金利でかり、金利がさらに安くなる、もしくは固定金利が終わり、変動金利になる際に他のローンへ切り替えるのです。

手間はかかりますが、支払額を大幅に下げられるチャンスです。

しかし、ローンの切り替えは審査が必要です。

審査は元本が減っていることから多少優しくなることが多いです。

他の借り入れがあったりすると審査がうまく通らないケースも多いようですので注意が必要です。


借り換えのデメリット

住宅ローンの切り替えのデメリットは金利です。

現在のローンよりも安い金利を選ぶ必要がありますが、タイミングによっては金利が高くなっている時期であることもよくあります。

その際にはひとまず支払いを続けて安くなるタイミングを待つしかありません。

ローンによっては切り替えによって金利を優遇するケースも出てきています。

これは主に同じ金融機関のローンへの切り替えで行われることが多い方法です。

時々は金融機関のローンサービスをチェックすることをおすすめします。