住宅ローンの借り換え審査でのチェックポイント

住宅ローンの借り換え審査は新規の住宅ローンの審査とほぼ同様のチェックをされます。

新規に比べてローンの返済実績がありますので比較的通りやすいと言われています。

住宅ローンの借り換え審査は所得と借入状況でチェックが行われます。

所得については現在の所得、過去の所得からのアップ率、今後の所得の推移などがチェックされます。

特に今後の所得の推移については会社員の場合は特に重要視されますが、自営業の場合は下がることがなければ問題肢されることは少ないようです。

会社員の場合、定年以降もローンの返済をする場合は退職金、年金などもチェック対象となります。

不確定要素が多いですが、ある程度自分で説明できないとうまくチェックが通らないことが多いようですので、事前準備が重要です。


他社借入は厳しくチェックされます

他からの借り入れについてはカード、キャッシングなども含めてチェックされます。

車や不動産ローンは問題視されないことが多いですが、カードなどについてはきつくチェックされます。

細かいローンがある場合などは繰上返済などを利用することも検討した方が良いです。

また、学業ローン、奨学金などについては月の支払額が重要です。

生活費に占める返済額が多すぎると住宅ローンはほぼ通らないので、返済額の圧縮のためにまとめることも大事です。

ローンの残債は減りませんが、月々の返済額が減れば住宅系のローンには影響が少なくなると考えられており、利用する方が増えてきています。